Footcraft 足の悩みを解決するインソール

有痛性外脛骨障害

笹原 潤ささはら じゅん

さまざまなスポーツ傷害(特に足部・足関節)に対して、超音波エコーを駆使した診療を行っている。 市民ランナーの診療実績も豊富で、帝京大学のラグビー部や駅伝競走部をはじめ、多くのチームドクターも務めている。

帝京大学 医療技術学部/スポーツ医科学センター/
整形外科、
整形外科専門医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本靴医学会評議員、日本整形外科スポーツ医学会代議員

有痛性外脛骨障害とは

有痛性外脛骨障害 有痛性外脛骨障害

足の舟状骨内側に位置する過剰骨である外脛骨が、外傷などによって痛みをきたした状態が有痛性外脛骨障害で、スポーツをしている少年少女に好発します。

  • 原因

    足の舟状骨および外脛骨には後脛骨筋腱が付着しています。外脛骨は正常人の約15%に存在しており、何ら症状がないことも多いです。捻挫などの外傷や運動負荷によって生じる後脛骨筋腱の強い牽引力が、同部に痛みをきたします。外脛骨が大きい場合は、靴の中で圧迫されることも痛みの原因となります。

  • 具体的な症状

    足の舟状骨内側が膨隆し、押したときや運動時に痛みが出ます。外脛骨が大きい場合は内くるぶしが2つあるように見えることもあり、靴を履くことによって痛みが悪化することもあります。また偏平足を合併していることも多いです。

  • 発症しやすいスポーツや動き

    ランニングやジャンプを伴う競技(サッカーやバレーボール、バスケットボールなど)に多く発症します。

対処方法と予防方法

運動量の制限や理学療法、インソール、薬物治療といった保存治療が治療の主体です。また足部を安定させるために、足に合った靴を選択して普段からちゃんと紐を結んで履くことも大切です。重症の場合は、手術(骨穿孔術や外脛骨前進骨接合術など)を行うこともあります。

  • STANDARD フットクラフトスタンダード

    足裏やふくらはぎ、すねへの負担を軽減1. 選べるアーチタイプで 最適なサポート
    2. ウィンドラス現象に基づく、理想のアライメント
    3. 高い安定性としなやかなサポートを両立

  • STANDARD CUSHION+フットクラフトスタンダード クッションプラス

    踵やアキレス腱周りへの負担を軽減1. 選べるアーチタイプで 最適なサポート
    2. ウィンドラス現象に基づく、理想のアライメント
    3. 高い安定性としなやかなサポートを両立
    4. 着地時の衝撃を吸収